カテゴリ:photo essay( 1 )
dr404 友達よこれが私の

b0000750_204182.jpg
日曜 まぐろの切り落としの煮物
   蕪の浅漬け
   蕪の茎のお浸し
   飛竜頭の煮物


蕪の葉の部分も柔らかくておいしいのだけれど、今回は、葉の部分に斑点がついていたり枯れかけていたりで食べる気がしなかったので、無事そうな茎の部分だけ湯がいて二杯酢で。蕪の方は皮をむいて、薄く切って、塩と島七味で味付けして浅漬けに。ひろうすはしょうゆと出汁、酒で煮たもの。まぐろは刺身のさくをとったあとの切り落としが安かったので。案外あぶらがのっていて、煮ても固くならないのでおいしい。

b0000750_205228.jpg

月曜 まぐろの煮物に揚げ茄子を入れた
   油揚げの煮物
   生野菜(レタスときゅうり)


昨日のまぐろの煮物に、フライパンでオレガノ風味に油焼きした茄子を加える。油揚げは、やっぱり昨日、ひろうすと一緒に煮て冷やしておいたもの。野菜はたっぷりと。舞茸が馬鹿みたいに安かった(6パックで140円)ので、大量に買ってしまって、しょうゆと酒と花椒で煮込んでおいたものをご飯に炊き込んだ。4合も炊くと一人で何食ももつので、小分けに冷蔵(や、目処によっては冷凍)しておいてレンジであたためて食べる。

b0000750_2055628.jpg

火曜 ゆで豚(二杯酢と山椒)
   生野菜(レタス、きゅうり、ピーマン)


まぐろがおわったので、今度はお肉。あっさりと茹で豚にし、山椒で香りをつけ、ポン酢で食べた。野菜はピーマンを刻んで緑色の補充。

b0000750_206168.jpg

水曜 ゆで豚(ドレッシング)
   生野菜(きゅうり、蕪の浅漬け)
   人参とピーマンのきんぴら
   揚げ茄子とわかめの汁


豚を茹でた汁を捨ててしまうのが勿体無くて、わかめと揚げ茄子を加えて汁に仕立てた。豚肉は写真では大量に見えるが、実はきゅうりで底上げしてある。蕪の浅漬けも忘れないようにたべないと。人参は拍子木に切ってゴマ油で炒める。火が通ったらピーマンとゴマを入れ、最後にめんつゆで味付け。簡単簡単。

b0000750_206325.jpg

木曜 さしみ(いか、まぐろ、えび、はまち)
   生野菜(セロリ、きゅうり、トマト)
   蕪の浅漬け
   もやしと薄揚げの味噌汁


半額シールの貼られたお刺身を買ってきたので、ちょっと豪華。野菜にはマヨネーズ+蒜蓉醤(にんにく風味の味噌ソースみたいなの)をかけて。お刺身の奥にあるのは「ゴマ味噌風味めんつゆ」とかかれた醤油。ちなみにお刺身より生野菜のほうがメインディッシュなのかもしれない写真の撮り方。

b0000750_207440.jpg

金曜 うなぎの白焼き(わさび醤油)
   生野菜(きゅうり、トマト)
   セロリ入り茄子の塩炒め


味噌汁は火が通って昨日よりモヤシの色が濃くなってるね。セロリが案外固かったので、細かく刻んで炒めて香りを油に移してから茄子を入れて酒を振って炒めた。ふだんならちゃちゃっと醤油味になってしまうところを凝ったことをしようとおもって塩味にしてみたのだが、塩味の場合は野菜の灰汁の味を抑えるために少し出汁の素を加えたほうがいいね。あと、酒は塩の後にしないと塩気にムラができてしまう。ちょっと改善の余地を残した一品。うなぎは土用の前後にスーパーに並んだと思しく、賞味期限が近く安売りされていたもの。

b0000750_2072797.jpg

間食 やっとやってきたマンゴスチン


別に他に間食してないわけじゃないんだけど、昨年、輸入が始まってからどんどんと値下げをして、かと言ってとりたて安いわけではないことに変わりなく、つまりさほど売れなかったんじゃないか、と思われるマンゴスチン。今年もシーズンが始まって、ずっと探していたのに見つからなかったマンゴスチン。高島屋まで行ったのに置いてなくて、あきらめかけたマンゴスチン。ふと寄ったスーパーで1個200円で売られていて、迷うことなく購入。お久しぶりでございました。

b0000750_2074215.jpg

土曜 鰯のフライ
   きゅうりのカレー炒め
   蕪ときゅうりの酢の物
   トマト


鰯のフライは昨日寄ったスーパーの半額おつとめ品。トースターで温めたあと、油っぽさをとるために香醋をかけた。以前マクド(マックと省略する人たちもいる)で食べた魚フライにつけたわさびソースが案外美味かったので、それを模してマヨネーズ+わさびのソースで。きゅうりは、すが入ったようになっていたので、火を通して食べることにして、カレー粉炒め。蕪の浅漬けをそろそろ片付けようと思い、目先を変えるため、漬け汁(というか塩により滲みてきた蕪の水分)を捨て、きゅうりのスライスを足して、酢であわせておく。写真を撮ろうと思って、あわてて色あわせのためにトマトを切って添えてみる。


こうやってまとめてみてみると、ちょっと気張ってみたわりには、手のかかったものがなにも無いし、ずっとおんなじようなものばかり食べている。ご飯だっていっぺんに炊いたものをレンジで温めているだけだし。月曜日にお風呂を炊いて火曜日に入るような生活を笑えないということがよくわかった。

(2004.08.01)
[PR]
by shinakaji | 2004-08-01 20:20 | photo essay